住宅業界の動き

Posted on 309 4月 2011 by admin in 未分類

東北地方・関東地方を襲った東日本大震災発生から3週間が経過しました。
この間、被災地での行方不明者の捜索や被災地の復興の動きが活発化してきました。
被災地では仮設住宅の建設も急ピッチで進められていますが、
被災された方の人数が膨大な数のため仮設住宅が完成してから入居に至るまでに半年以上の時間が必要だと言われますし、
被災地周辺の賃貸物件も満室状態になった事を受けて、予定していた仮設住宅の戸数よりも大幅に個数を増やさなければいけないなどの問題も出てきています。
また仮設住宅の建設は住宅業界の中でも最優先事項とされるため、建材や住宅設備機器などは優先的に被災地に集められることになります。
また今回の震災で建材や住宅設備機器を生産している東北地方・関東地方の工場なども被災しているため全国的に建材や住宅設備機器の不足が懸念されている所です。
実際に全国的に住宅会社や工務店などでは震災前に発注しておいた商品も入荷が困難ということなので改めての発注や建材・住宅設備機器の代替え品の手配などに追われているようです。
震災後からの注文住宅や新築住宅の着工予定のお施主様や現在着工中のお施主様も建材などの不足により引き渡しの延期や現場のストップなどの影響が出ているようです。
久留米で新築を着工中の友人も引き渡しの遅れを気にしています。
またリフォームの現場でも、リフォームの内容にもよりますが、遅れが出るようです。
やはり滋賀でリフォームを考えている親戚の家の話でも、工務店の方に使用しようと考えていた建材が納入されないと言う事で工期が延長されるようです。
少しずつ工場の再稼働や生産ラインの効率化など考えられているようですが正常化するまでは我慢の続く住宅業界だと思います。




admin

コメントは受け付けていません。


震災と日本の経済

Posted on 2104 3月 2011 by admin in 未分類

今から16年前に阪神淡路大震災が発生しました。
当時はこれ以上ひどい震災はないというように感じていましたが、今回の東北・関東大震災で更に大きな被害が発生していること非常に悲しい思いです。
今でも被災地への支援に関して不透明な部分があるわけですが、スーパーやコンビニなどでの募金などできることから支援していき、
正常に物資などが届く状況になった時にはしっかりとした支援もしていきたいと考える所です。
しかし今回の東北・関東大震災は他人事ではありません。
日本という島国にいる以上、いつどこで同じように地震の被害に遭うか予想できません。

また日本経済は大きなダメージを受け、経済も不安定になることは免れない情勢です。
この大震災により企業活動、物流のストップ、工場生産の中止や操業停止、株価への影響により倒産する企業などが出てくることは容易に考えられます。
山形で新築の注文住宅会社の大工をしている叔父さんもこの震災の影響で仕事が減るのではないかと危惧しています。
倒産する企業は大企業、中小零細企業問わずだと思います。
この様な状況下にして国の対応が重要になる所だと思いますが、震災前から政治情勢から考えるとあまり期待できないと考えるのは私だけでしょうか?
与党だ野党だと考えていること自体が無駄で、そこを気にしているのは国会議員だけです。
このままでは国民の生活に支障が出ることは否めませんが、この様な危機に対し国民の私達一人ひとりが冷静な判断と行動をしなければいけません。
工務店などに限らず全体的な影響は大きいでしょう。
東日本の被災地を支えるために西日本はより一層の活発な行動をして経済や国その物をを支えなければいけないのではないでしょうか。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ