理想の暮らし

Posted on 820 10月 2018 by admin in 家造り

どんな人になりたいか考えたことがありますか?自分自身がなりたい姿を想像することは物を少なくすることにとても有効です。最高に幸せな自分を考えてみましょう。
理想のインテリア、理想の服、理想のスタイル、理想のメイク、理想のライフスタイルなど、なりたい自分をリストに書きだして、理想の似合う物だけを選んで買うようにすれば、無駄な物が増えず、理想が実現していきます。

洋服はなりたい自分を表現するものと考えると、選ぶ洋服は理想の自分に着させたい物になります。持っている洋服を手にとって、それを着た自分の気持ちを想像し、分からなかったら着てみましょう。なりたい自分になれる服は残します。クローゼットの中は、自分が本当に着たい、着ていて気持ちがいい服だけになります。この方法だと、圧倒的に数が少なくなっているので、収納に悩まなくても、今あるスペース、道具を使って充分収納できます。余ったハンガーは、心配なら2、3本残して後は捨てても大丈夫です。

物を少なくするには、多目的に使える物を選び、できるだけ専用の物を選ばないようにするのです。
例えば洋服は、持っている服で5パターン以上のコーディネートができるかどうかを考えます。買った後出番がない、という失敗が少なくなるでしょう。
キッチングッズには専用の物が多いです。キュウリを薄くスライスできるカッターとか、ニンニクの皮が簡単にむける道具とか、きりがありません。全部処分して、包丁しかないという状態になっても、何とかなるのです。道具を洗ったり収納したりする手間も省け、包丁の腕も上がるでしょう。
あったら便利な物は、無くてもOKなのです。




admin

コメントは受け付けていません。


外部収納も忘れずに

Posted on 1621 5月 2018 by admin in 家造り

家造り行う上で誰もが収納に注目することでしょう。しかし、その収納とは室内の収納ばかりではありませんか。室内に収納することのできない、屋外で使用する物というのも意外と多いのです。そのことに後から気づいて庭やカーポート部分に物置を設置するのです。

しかし、これでは庭やカーポートが物置で占領されてしまいますし、住宅の外観が一気に生活感で溢れてしまいます。家造りを行う際には、このような屋外で使用する物をどこに収納するのかということまで考えておくことが大事なのです。

そこで我が家は、階段を設けた下のデッドスペースを利用してここを外部収納として利用させました。私が住んでいる地域は冬の寒さが厳しく、冬はスタッドレスタイヤが欠かせません。タイヤの保管場所も必須でしたし、我々夫婦は庭でバーベキューをしたりアウトドア派であるためアウトドア用品も数多くあったためこれらをきちんと整理できるスペースも必須でした。階段下というデッドスペースを利用したことで庭やカーポートスペースを占領することなく、また住宅の外観も損なうことはありません。

屋外で使用する物を収納するので外から物を出し入れできるように勝手口を設けています。屋外から出入りができるだけでなく、室内側からもここの外部収納へ行き来できるように動線を確保しました。このようにしたことで室内で使用する日用品や掃除機など少しですが収納することもできています。収納は室内に加え屋外の物もどのように管理するかをしっかりと計画しましょう。




admin

コメントは受け付けていません。


ファミリークローゼット

Posted on 2415 11月 2017 by admin in 家造り

私が家事を行う上で一番苦手なことは、たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業です。その理由は、子ども達の衣類、夫婦の衣類、下着など収納するクローゼットがバラバラだからです。しまうという行為を行うだけで、住宅内を行ったり来たりしなければならず無駄な動きが多いためつい面倒くさいと感じてしまうのです。

そこで新居ではこの家事への不満を解消するために、生活の中心である一階に家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットを設けました。身支度を行ったり、脱衣所としても利用する洗面室の隣に設けました。クローゼットと洗面室の行き来がしやすくなるように動線も確保しました。タオル類をはじめ、衣類や下着までここ一か所で管理をするようになり、洗面室へとタオルの補充や入浴の事前準備が格段と楽になりました。

洗面室では身支度を行うため、その隣に衣類までそろうことでよりスムーズに身支度が行え、まだ小さな子どもも自分で服を取り出し、洗濯物は洗濯カゴへ入れる習慣が身に付いてきています。全て私が行っていた衣類の管理も自分で行う習慣が身に付いてきたことで軽減していますし、たたむ→しまうという作業が楽に行えることで家事の時短にも繋がっています。ファミリークローゼットは私が一番気に入っている収納スペースなのです。




admin

コメントは受け付けていません。


リビング収納

Posted on 1721 3月 2016 by admin in 家造り

家族が長時間過ごすリビングこそ収納スペースを充実すべきだと思います。家造りの一つのポイントでもあるのが収納です。玄関横にはシューズクローク、キッチンにはパントリー、寝室には広々としたウォークインクローゼット、その他デッドスペースには収納スペースを確保するという家庭は多いです。

しかし意外と見落としがちなのがリビング収納です。家族が長時間過ごすリビングには物が集まりやすい場所でもあるのです。それだけにリビングの収納をしっかりと確保することで、物で溢れてごちゃごちゃした生活感のあるリビングを避けられるのです。そこで我が家は、テレビを設置する壁の奥にウォークイン型のリビング収納を設けました。家族みんなが共有できるリビング収納にしました。

リビングからは収納している物が目に入らないため、日用品など生活感を感じさせる物をしっかりと収納しておくことができます。リビングに散らかりやすいものは、外出先で着ていた上着や持ち歩いたカバンです。これらがリビングの床の上やソファの上に置きっぱなしになっている光景をよく見かけませんか。このリビング収納にこれらを収納できるように、コートクロークも設けました。家族がいつも着用する上着を一時置きできるだけでなく、来客者の上着を掛けることもできます。上下二段に設けたポールが大人用の上着と子ども用の上着をきちんと掛けておくことができます。

またリビングに散らかりやすい子どものおもちゃや幼稚園グッツやランドセルなどもここのリビング収納を利用してしっかりと片付けるのです。リビングに物が散らからずスッキリとした空間にするにはリビング収納の充実は欠かせないのではないでしょうか。




admin

コメントは受け付けていません。


安全に使える収納

Posted on 2154 9月 2014 by admin in 家造り

住まいのバリアフリーを考える時、まず、住まいの中に段差をなくし、動線を整理して、スムーズに移動できるようにします。確かに、段差というのは、つまずいて、転倒する危険性が大きいです。しかし、住まいの中で、転倒する原因となるのは、段差だけではありません。滑るということもあり、落ちるということもあります。例えば、LDKの床材の種類により、また、手入れ用のワックスの種類によって、滑り、転倒することもあります。もう一つの原因としては、踏み台から落ちるということがあります。踏み台が必要になるのは、高い位置の収納を利用したり、高い位置の照明器具を交換したりする時などです。高齢になると、バランスを取り難くなります。そのため、思わぬ落下に繋がっていきます。

私の友人が住まいを新築した時、LDKには、適当な場所にさまざまな収納を設けて、できるだけ、すっきり片付けたいと思いました。LDKが片付いていなかったり、多くの家具類が置かれていたりすると、それらにつまずき、転倒する危険性があるからです。彼女の友人は、リビングの壁面収納は、踏み台に乗らないと取れないほどの高さでした。友人が一番上の棚に収納していたアルバムを取ろうとして、踏み台から落下して、足首を捻挫してしまいました。若い友人ですら、バランスを崩すことがあるのですから、高齢者にはもっと危険です。そこで、彼女は、LDKの壁面収納を設ける時、踏み台を使わないで、出し入れできる程度の高さにしました。

東側の壁には腰高窓を設置したかったので、さらに低く、腰高までの高さの収納にしました。同居する高齢の母親だけでなく、彼女達自身が高齢になった時でも、踏み台を使うことなく、物の出し入れができるようにしましたので、安心です。収納があると、便利ですが、その収納を安全に、効率よく使用することが大切です。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ