住宅ローンのこと

Posted on 1015 8月 2011 by admin in 住宅ローン

住宅ローンを借りるときにはどこにいって借りればいいのか知っていますか。
ほとんどの人が銀行と答えるのではないでしょうか。
正解です。
住宅ローンを借りるときは主に銀行から借りることになります。
銀行といっても種類があってメガバンク、地方銀行、ネット銀行などいろいろあるのです。
住宅ローンは中古物件に使えます。
友人が大分の中古マンションを購入したときに住宅ローンを借入したそうです。
銀行で取り扱いをしている金利タイプは主に変動金利や固定金利選択型です。
住宅金融支援機構のフラット35も取り扱っているところが多いです。
フラット35は全期間固定金利型の住宅ローンです。
ちょっと注意しておきたいのは銀行などによって金利が違ってくるところです。
これは銀行などが取る手数料が違うためです。
他に財形住宅融資などもあります。
財形住宅融資は財形貯蓄を1年以上続けていて、申し込みをした日の残高が50万円以上あれば申し込みをすることができます。
財形住宅融資のいいところはフラット35などと組み合わせて使うことができるところです。
どこで住宅ローンを借りるにしても返済をしていくことが出来るのかが大切な事です。
そのために金利タイプのことを勉強してみたり、借り入れをしたい金額を計算してみたりしてみましょう。
住宅ローンを返済することができなかったら住宅を手放すことになる可能性が高いです。
返済をすることが一時的に難しくなった場合などは早めに借り入れをしている金融機関に相談に行くようにしましょう。
相談することによって返済プランを変更してくれたりします。
住宅会社の集客ホームページにも住宅ローンのことが色々と書かれていることも多いので参考にするといいでしょう。
住宅ローンを借りるときは自分で考えておくようにしましょう。




admin

コメントは受け付けていません。


住宅ローンと希望条件

Posted on 1437 1月 2011 by admin in 未分類

今回は住宅ローンに関して考えてみたいと思います。
埼玉で注文住宅を建てた知り合いが住宅ローンの借り入れをした際にあまり勉強しないままだったので色々と苦労したということがあったようです。
新築で注文住宅を建てたり、中古住宅や中古マンションまた新築を建てるための土地などの不動産物件を取得するためには高額な資金が必要になります。
注文住宅や一戸建てなどの新築住宅や中古住宅や中古マンションなどの不動産物件の取得に住宅ローンの借り入れをする方が大多数です。
まずは新築で住宅を建てたりや不動産物件を取得するためにいくらの資金が必要になるのか、
予算はどれぐらいなのかということを考えなければいけません。
ご自身やご家族の世帯年収と取得するための住宅ローンの借り入れのバランスをよく考えておかなければいけませんね。
ご家族の人数や年齢に応じてどのような新築の家造りまたは不動産物件が良いのか、また生活環境などを考えてどの地域・エリアに住みたいかなど様々な事を考えておかなければいけません。
しかし気をつけなければいけない事は中古住宅や中古マンションなどの不動産物件や新築を建てるための土地などの希望条件と予算が実際の新築の費用や不動産の売買金額とかけ離れてしまうことがあることです。
新築の家造りの場合は希望や条件を膨らまし過ぎると大幅に予算を超えてしまうことになりますし、
不動産物件に関しても希望条件にこだわり過ぎると予算内の物件がなかったりします。
新築の家造りでも不動産物件探しでも共通して言えることはどの希望条件が優先でどの希望条件は妥協できるのかなども考えておくと予算や住宅ローンとの兼ね合いを考えた時に切り替えができると思います。
また住宅ローンを借り入れする場合に
しかし「住宅ローンを最大でいくら借り入れすることができるのか」ではなくて「無理のない返済ができる借り入れ額はいくらなのか」を考えることが大切なのではないでしょうかです。
私の友人も大分の中古住宅を購入する時に借り入れをしていた変動金利での住宅ローンを見直しをして全期間固定型の住宅ローンに借り換えをしました。
具体的な借り入れの金額に関しても後々の返済などよく考えるようにしましょう。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ