インテリア格子

Posted on 331 6月 2015 by admin in 家造り

インテリア格子を空間に取り入れる人も多いです。インテリア格子を設けることで空間にメリハリをつけることができます。例えばLDKの一体感を求める人は多いです。しかし食事をする場所と、家族がくつろぐ場所を緩やかに区切りたいと感じることもあります。インテリア格子であれば緩やかに視線を隔てることができ、空間のアクセントにもなります。
また明るさはしっかりと通せるのでLDKの一体感をあまり損なうこともありません。ダイニングとリビングの間に少しインテリア格子を取り入れてもいいと思います。寝室にインテリア格子を用いてもいいと思います。寝室を寝る空間としてだけでなく、書斎としても活用しやすくなります。

男の人は書斎ルームを欲しがります。しかし書斎ルームを設ける広さに余裕がないということがほとんどです。それを寝室に実現するのです。ベットと書斎コーナーの境にインテリア格子を設けます。広さのある寝室をこのように区切ることで独立した書斎ルームでなかったとしても、自分の特別な居場所となる書斎コーナーを設けることができるのです。視線を緩やかにカットできるので奥様がベットで横になっていても気にならずに書斎コーナーを楽しめます。

時には奥様のお化粧スペースとして活用させるのもいいと思います。壁や扉で間仕切りを設けてしまうと空間が閉鎖的になってしまいますし、かと言って何もなければ空間がポヤッとしていまいます。開放感や明るさをそのままに空間にメリハリを付けるのであればインテリア格子はいいのではないでしょうか。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ