長期優良住宅という選択肢

Posted on 1449 8月 2010 by admin in 未分類

新築の家造りを注文住宅で考えている方は『長期優良住宅』という家造りを聞いたことがあると思います。
長期優良住宅の基準はいい建物を作って手入れをし、長く大切に生活ができるということを念頭に国が進めている家造りの基準で、
長期優良住宅は耐久や耐震性、省エネルギー性に優れていて、数世代にわたっても暮らせる住宅のことです。
また配管等の維持管理やリフォームなどの間取りの変更などが容易にできるよう事も考慮して建てられる家です。
メリットとして考えられるのは長期優良住宅促進法の認定を受けた家を建てた場合には住宅ローン減税や登録免許税の税率引き下げ、固定資産税減額期間の延長などの減税措置を受けることができます。
ただ長期優良住宅を建てるためには家造りの図面が多くなり、また申請に時間がかかるなどの問題点もあります。
ここ近年の日本の家造りは30年から40年で建て替えを考えなければいけない家造りでした。欧米比べると家の寿命が著しく短いというのが欠点でした。
しかし時代的にエコなどを考えた時に100年から200年もつ家造りが見直されるようになったわけです。
戦前からそれよりも前の住宅、木造の建物が未だに現存しているわけですし、これから長期優良住宅で建てられた注文住宅もその姿を100年200年と残していくことでしょう。
長期優良住宅で新築の注文住宅を建ててみたいと思った方はこれからの住宅会社や工務店探しでその住宅会社が長期優良住宅を建てられるかどうか確認してみましょう。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ