注文住宅造り

Posted on 223 7月 2010 by admin in 未分類

今回は注文住宅で新築を建てることに関して考えてみたいと思います。
注文住宅とはハウスメーカーや工務店と間取りデザイン等の打ち合わせや話し合いを繰り返しながら住宅建設で使われる建築資材や仕様、住宅設備を施主の意見を反映して新築住宅の図面を作成していきます。
そのため注文住宅を依頼する施主側も様々勉強していかなければ理想とする注文住宅造りはできません。
現在では家造りや新築に関する住宅雑誌や一般家庭にも普及したインターネットを使って家造りの知識や情報収集のできるようになりました。
昔は依頼主・施主側に知識がなかった為、注文住宅と言いながら住宅会社や工務店主導の家造りが多かったわけですが、
逆にハウスメーカー・工務店も依頼主の意見に対応するのも大変になっているようですね。
依頼主・施主と住宅会社・工務店との相性というのもあるので何とも言えない部分もありますが、お互いに信頼できる関係で家造りができるのが一番ベストだと思います。
また注文住宅を考えていても大手のハウスメーカーの場合、注文住宅と言いながらセミオーダーという場合もあるので気をつけたい所です。
大手ハウスメーカーの場合は材料の均質化や工事間の短縮を考慮しているため、依頼主の考える間取りにならない場合があります。
また坪単価だけを追い求めて新築の注文住宅づくりを依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、企画住宅や戸建て住宅とそれほど大差のない家造りになってしまいます。
本当に自分が求めている家造りを実現できる住宅メーカ・工務店なのかしっかりと見極める必要がありますね。




admin

コメントは受け付けていません。


最近の投稿




BOOKMARK




タグ


エクステリア キッチン コンセント デザイン デスクコーナー トイレ トステム リビング 不動産 中古住宅 住宅ローン 住宅会社 住宅展示場 健康 勝手口 収納 営業マン 家造り 平屋 建売住宅 建材 掘りごたつ 注文住宅 洗面室 浴室 物件 玄関 長期優良住宅 間取り 震災


アーカイブ